沖縄で包茎治療/手術は那覇の当院へ

沖縄でED治療なら最新機器で根本治療

沖縄導入!ED治療は根本治療!

main_img

section01_h2

section01_img01

section01_img02患者様によってはED治療薬の効き目が感じられないことも。
有名とされる治療薬でもED患者の30%の方には効果が現れないというデータも出ています。
沖縄那覇のおきなわメンズクリニックで導入したED治療機器は、治療薬の効き目が感じられないお悩みをもつ沖縄の方にとっては画期的な治療方法です。
section01_img03医師から適切に処方されるED治療薬は安全ではあるものの、患者様の持病によっては処方できないこともあります。
沖縄那覇のおきなわメンズクリニックで導入したED治療機器は患部に微弱な衝撃波を与える治療で副作用の心配がありませんので、心臓病・糖尿病・血液サラサラ剤を服用しているなどがご理由で、治療薬を服用できない沖縄の方等にお勧めです。
section01_img04沖縄那覇のおきなわメンズクリニックでは、医師から適切に処方される治療薬は安全性が高いのですが、副作用が心配なために服用したくないという患者様も多くおられます。沖縄那覇当院の治療機器は患部に微弱な衝撃波を与える治療のため、副作用の心配もございません。
また、定期的な治療薬の費用も抑えられるので、健康面から見ても、費用面から見ても、ED治療の根本治療は沖縄の患者様にとって福音をもたらす治療と言っても過言ではないと考えております。詳しくは沖縄那覇のおきなわメンズクリニックへお気軽にご相談下さい。

icon-bullseye ED治療の根本的治療ってどんな治療?

section01_img世界的に注目されている、ED根本治療機器を
ご紹介します。

当院の治療機器は、体外衝撃波治療法の機器です。
患部及び患部周辺に低周波の衝撃波を与える事で、血管を再生してED治療を行います。
ED治療薬などの薬剤が効きにくい方や、心臓病・糖尿病・血液サラサラ剤を服用しているなどがご理由で、ED治療薬を服用できない方等にお勧めです。沖縄でEDのお悩み解決を真剣に考え沖縄でのクリニックナンバーワンを目指しております。

※効果には個人差があります。

icon-bullseye ED治療機器のここが凄い!

section02_img01【血管再生してED治療】

勃起不全の治療にはED治療薬などのPDE5阻害剤が最も用いられています。その他にもいくつもありますが、ED治療機器以外の治療法はあくまでも対症療法でしかありません。

しかし沖縄那覇のおきなわメンズクリニックのED治療機器は、根本的に勃起不全を治すことが可能なため、治療後はED治療薬などのPDE5阻害剤が不要になります。詳細は沖縄那覇の当院までお問合せ下さい。

icon-bullseye 当院のED治療について

section04_img01

治療モニターについて

monitor

icon-bullhorn 先着100名様に限り 毛細血管再生ED治療1回5000円!!
※詳しくは沖縄那覇のおきなわメンズクリニックまでお気軽にお問合せ下さい。
※割引率は、症状・ED治療の期間等により変動します。詳しくは沖縄那覇のおきなわメンズクリニックにてご相談下さい。
※沖縄那覇のおきなわメンズクリニックではED治療薬のみの処方もしております。
※ED治療には、沖縄那覇のおきなわメンズクリニックへ通院が必要となります。

ED勃起不全とは

ED勃起不全とは?

ED勃起不全とは、勃起機能の低下・障害を意味し、男性なら多くの人に起こりえる病気です。専門的には性交時に充分な勃起が得られないため、あるいは充分な維持ができないため、満足な性交が行えない状態と定義されていますが沖縄那覇のおきなわメンズクリニックではED治療を行うことが可能です。勃起機能障害、勃起障害、より一般的には陰萎(性的)不能などとも呼ばれます。日本でEDに悩む男性は50代以上が一般的でしたが現在は20代以上で潜在的に1,000万人以上いるともいわれています。また、EDは大きく分けて2つの器質的障害と心因的障害が原因と言われています。

沖縄那覇のおきなわメンズクリニックでは、医師診察の上、血圧検査や状態により血液検査を経て、その方にあったED薬をご希望の錠数、当日処方(院内処方)し沖縄の皆様のED治療をお手伝いしております。安心して服用して頂くためには、必ず医師の診断が必要になります。また、国内では数少ない陰茎勃起組織に低強度衝撃波を当ててEDの根本的な治療を行う事ができる最新のED治療機器を沖縄那覇のおきなわメンズクリニックは導入しております。

勃起不全(ぼっきふぜん:ED)に悩む男性やそのパートナーにとって、1999年に発売されたバイアグラは救世主的存在とも言えます。しかし、バイアグラを服用しても30%前後の男性ではEDの改善が見られないほか、心臓病の治療にニトログリセリンなどを服用している男性はバイアグラを使用できず限定的なED治療と言えます。沖縄の男性にも別の病気の治療中であったり、服用している薬との相性を考えバイアグラの使用を避けている方も多数おられました。ED治療中ではなく、健康な男性でも副作用として血圧の急激且つ大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心などがあらわれたり、突発性難聴になるケースもあるそうです。

そこで新たなアプローチとして、尿路結石の治療法として開発された体外衝撃波結石破砕術(ESWL:Extracorporeal shock wave lithotripsy)を応用した方法が注目を集めており、早速沖縄那覇のおきなわメンズクリニックでは導入を開始致しました。一時的に血管を拡張させて生殖器部への血流量を増やすバイアグラとは異なり、衝撃波(音波の一種)により新たな血管の形成を促進するため、EDを根本的に改善できる可能性があるようです。

イスラエルで臨床試験中のこの新たなED治療法は、20年前に尿路結石の治療法として開発されたESWLを応用したものです。近年の複数の研究により、ESWLに用いられる衝撃波が血管新生の促進に有効であることが明らかになっています。衝撃波により血管内皮細胞増殖因子(VEGF)という糖タンパクの放出を誘発でき、このVEGFが「新しい血管よ育て」という指令を出すそうです。

必然的に、衝撃波は心臓病の新たな治療法を模索する心臓専門医の間でも注目を集めています。アメリカや日本では、心臓に衝撃波を当てることにより健康な新しい血管を形成させることができるか研究が行われていて、これがバイパス手術に耐える体力のない患者のライフラインとなると期待されるとのことです。

多くの専門家が、EDと心臓病には強い関連性があると確信しています。ベッドでのパフォーマンスの低下は多くの場合、心臓付近の血管の閉塞(へいそく)により全身の血流量が低下していることを示唆するそうです。

イスラエルのハイファにあるRambam Medical Centreの医師らは、衝撃波により血管新生を促進させるというメカニズムをED治療にも応用できると考えました。実用化に至れば、性行為の30分前に薬を飲まなければいけないというわずらわしさから解放されるという意味でも画期的な治療法となるかもしれません。

第一段階の治験は小規模ながら、ED治療中の痛みや副作用を訴えた被験者は1人もおらず、75%の被験者がバイアグラに頼らず勃起できるようになるなど、かなり肯定的な結果が出ています。

治験には、平均年齢56歳・平均3年間にわたり軽症~中程度のEDに悩む20名の男性が参加しました。20名は全員がEDの薬物治療を受ける患者の中からのボランティアです。これらの男性に3週間にわたり、手持ちのコンパクトな装置で発生させた弱い衝撃波を生殖器周辺の5個所へ繰り返し当てるという治療を行い、治療期間の前後で国際勃起機能スコア(リンク先のスケールは25点満点ですが、治験で用いられたのは30点満点のバージョンとのことです)の点数を比較しました。このスケールは点数が低いほど重症を示し、治療前に平均12~20点(中等~軽症のED)だった被験者で、3週間の治療期間の後に5~10点のスコアの上昇が見られました。専門家によると、5点以上のスコアの上昇はED治療においては著しい改善と言えるそうです。

過去10年間で、バイアグラやシアリス、Levitraなどの薬品はED治療を画期的に変化させました。しかし、30%前後の患者ではこれらの薬品を服用しても症状の改善が見られないそうです。これらの男性にとっては、勃起を得るためには陰茎に直接薬品を注射する、またはポンプにより手動で陰茎を充血させるという方法しかありませんでした。

今回の治験の主任医師のYoram Vardi博士は「薬は治癒にはなりません。服用を中止するとまた機能しなくなってしまうのですから」と語っています。「ED治療でも衝撃波を用いた生物学的なアプローチなら、患者が薬を服用しなくても機能する状態にまで改善することができます」。是非、沖縄那覇のおきなわメンズクリニックへお越し頂き威力を体感して下さい。現在、沖縄那覇のおきなわメンズクリニックではキャンペーン価格にてご提供中!

ED治療・インポテンツを理解するために大切なポイント

勃起不全(ED)とは、ドイツ語ではインポテンツ(Impotenz)といいます。近年ではED (erectile dysfunction) とも呼ばれます。陰茎(ペニス)の勃起は、副交感神経に依存しており、末梢神経障害・心因性・脊髄損傷等で十分な勃起が難しくなることがあります。
このような勃起機能の低下を勃起不全といいます。ストレスや悩みなどで一時的に起きることもあり、また年齢を重ねるに従って(加齢)勃起不全となる確率も高くなります。40歳以上の男性の半数以上が勃起不全になると推定されている。
沖縄那覇の当院ではED治療に年齢は関係ないと考えております。

バイアグラについて

勃起不全(ED)の症状がある場合、バイアグラ(ED治療薬)を性行為の30分くらい前に服用するとペニスが勃起し、性行為を正常に行える可能性が高まるとされています。ただしペニス(陰茎)に対する物理的な刺激がない場合には勃起は起こらず、また性的な気分を高揚させるような効果はありません。 さらに、このED治療薬は陰茎の勃起には効果はあるものの精液の量を増やす効果はなく、射精時にあまり精液が出ない、いわゆる「空撃ち」状態になると射精の快感は半減します。
1998年にアメリカ合衆国で販売を開始され、発売直後から「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、多くの個人輸入代行業者が販売を開始しました。この手の新薬としては極めて異例な短期間で当時の厚生省の製造承認が下り、1999年に日本でのバイアグラの製造が正式に承認され、ファイザーから医療機関向けに販売された。日本で正規に入手するためには医師の処方箋が必要な上、健康保険の適用外で自由診療のため、各医療機関が価格を定めることができ、1錠およそ1,500円程度とされている。
一方、用途の関係から医療機関や薬局へ出向くのが恥ずかしいこともがあり、依然として個人輸入代行業者による販売が行われている。こうした業者の販売する薬物からは、偽物が発見される事も多く、クリニックや医院でのED治療薬の処方がお勧めされます。沖縄那覇のおきなわメンズクリニックでは治療薬の処方も行っております。

icon-microphone 沖縄のおきなわメンズクリニックED治療体験アンケート

沖縄県那覇市Aさん

42歳

30代になってから、思うように勃起しなくなり、性行為中も勃起が持続しなかったり色々支障があったので、沖縄おきなわメンズクリニックでED治療を受けようと思いました。ただ、バイアグラなどのED治療薬を服用するのは抵抗があったので、その旨をカウンセラーに伝えると「今は薬の治療だけではなく衝撃波を患部にあてるED治療機器もある」という事で、おきなわメンズクリニックのED治療法について色々と教えて頂きました。

治療をする前は、衝撃波をペニスにあてる事が少し心配でしたが、実際にED治療をうけてみたら、低出力の衝撃波だったので痛みは全く感じられませんでした。 ED治療を受けて2ヶ月経過していますが、ペニスの勃起力が上がって感激です。

沖縄県那覇市Bさん

52歳

バイアグラを飲み続けるのも、面倒だし、心配なので根本解決が可能な治療ができるおきなわメンズクリニックで治療を考えました。

ED治療開始から数週間たちましたが効果抜群なので治療して本当に良かったです。いつも相談にのってくれる先生にも感謝しています。

まずは、沖縄のおきなわメンズクリニックへご相談を!

ご相談はお気軽に!プライバシーも厳守致します TEL 098-943-1128

PAGETOP