沖縄で包茎治療/手術は那覇の当院へ

ED治療
EDは Erectile Dysfunctionの英略で、日本では「勃起不全」と言われる身体症状です。
EDの定義としては、通常性交時に75%の確率で十分な勃起が成されず射精に至らない状態を指します。

EDの原因は様々で、加齢による身体機能の衰えや、ストレスなどの精神的要因、疲労、そして、病的要素などが挙げられます。
EDは全世界で人と数多くの男性が悩みを抱えており、特にな男性に多く見られる症状ですがED治療により改善を期待できるようになります。

1998年に世界で初めてED治療薬のバイアグラの販売が始まり、日本では翌年の1999年に認可され、医療機関でのED治療が可能となりました。
内服薬だけで治療が可能となった事で、近年多くの男性がED治療を受けています。

 icon-circle-o 医療機関でのバイアグラ・レビトラ・シアリス処方で症状改善を

ED治療の基本は投薬治療です。
最近はインターネットで海外から手軽に処方薬を手に入れる事が出来ますが、「ネット通販で購入した薬を試したが全く効き目が感じられなかった」と言ったトラブルをよく耳にしますので、専門の医療機関で処方されることを強くお勧めします。

 icon-circle-o 処方まで約20分

ED治療薬には「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があり、それぞれ有効成分も特徴も違うため、医師の診断を受けず自己判断で薬を選んでも、効果は期待出来ないのです。
専門的な医療機関の治療でEDは必ず治ります。
沖縄那覇のおきなわメンズクリニックでは、カウンセリングから患者様の症状を詳しく解析し、専門知識を有したドクターが、患者様お一人お一人に一番適したED治療薬を処方し、服用の注意点も医師やスタッフから詳しく説明を行っていますから、初めてED治療薬を服用される方でも安心して治療を始める事が出来、完治も可能です。
沖縄那覇のおきなわメンズクリニックのED治療はカウンセリングから処方まで約20分と短時間で済むので空き時間を利用しての通院も出来ます。 EDかもしれないと悩む前に、まずはご相談ください。

 icon-ambulance こんな方におすすめです!

・最近、朝立ちの勢いがない方
・パートナーの身体に触れて性的な刺激を覚えても勃起しない方
・忘れかけていた青春をもう一度取り戻したい方

 icon-bullhorn こんな効果があります!

・バイアグラ:5~6時間持続・食事の影響を受けやすい・発売から10年が経過しているので安心感がある。
・レビトラ:4~5時間持続・効果が出るまでの作用時間が早い・食事の影響を受けにくい。
・シアリス:約36時間持続・作用時間は遅いが、持続性がある・食事の影響を受けにくい。
・価格:バイアグラ 1錠 1,600円、レビトラ 1錠 2,000円、シリアス 1錠 2,000円

根本からのED治療

現在のED治療はED治療薬の投薬が主流となっておりますが、中には、十分な効果が得られない方、既往歴や現在服用中のお薬の関係で、処方そのものが出来ない方もいらっしゃいます。また、ED治療薬は、勃起力をサポートするものですが、一度使用すれば「EDが治った!」というものでもありません。若いうちのEDであれば、自信を取り戻しながら徐々にED薬の服用を減らしていく事で、EDを解消できる可能性もありますが、基本的には性交渉の際に、毎回服用するものですので、経済的にも負担がかかる部分もあります。ED治療薬を服用せず、根本から改善したい!そんな方へ、おきなわメンズクリニックでは、ED根本治療をおすすめしております。
EDを根本的に改善する為には、食生活や運動、日常生活から見直すことが大切です。スムーズに勃起する為の、体の基盤を整えることが重要です。機能的インポテンス、いわゆる精神的な面から発症している場合にも、患者様の精神的な部分を解決出来る様、生活習慣を含め、男性メンタルカウンセラーがお一人おひとりのお話を伺います。また、微弱の振動で、陰茎部の血管に刺激を与えるという施術による治療もあります。副作用もありませんので、高血圧や糖尿病などから血管や血流に影響が生じたことで起こる、いわゆる血管系のEDでお悩みの方にとっては、特に効果的な治療法であるといえます。血管の新生を促すことでED根本治療に導ける可能性があります。

 comments-oED治療は病院に相談する時代です

ストレスが多い現代でEDによる悩みをもつ方は、日本で1000万人以上にのぼるといわれています。充実した人生やカップルライフを送るためにも性生活は重要です。決して恥ずかしいことではありません。EDは少しの勇気で解決する事ができます。ED治療のことは専門家である沖縄那覇のおきなわメンズクリニックにご相談下さい。

EDになる原因

勃起機能は正常だが精神的要因により性交出来ないものを「機能的インポテンス」といい、陰茎そのものや神経、血管、内分泌等の障害により性交出来ないものを「器質的インポテンス」といいます。どちらもED治療により改善を目指すことが可能です。

 icon-circle-o 機能的インポテンス

不安やストレス、鬱病等の心理的な要因から発症するケースです。
心理的要因から発症するEDは【現実からくる心理的要因】からくるものと、【心の深層にある原因が心理的要因】となりEDを発症するケースの二つに大別出来ます。
現実からくる心理的要因とは、日常の些細な事がストレスとなりそれが原因でEDを起こす場合です。例えば、奥さんとうまくいかない、経済的な悩みやストレス、毎日疲れている、妻からの無視等、自分自身でほぼ原因がわかるものが「現実からくる心理的要因」になります。この場合、カウンセリングや薬の服用のED治療で簡単に治る事があります。
次に、心の深層にある原因が心理的要因とは、幼少期の体験や性的虐待等の「過去の出来事が原因」=「心の深層にある原因」がEDを起こす場合です。この場合、大半は無意識ないし意識下の世界に原因がある為、本人には見当がつかず、原因の解明迄に長期間を要し、ED治療が難しいケースがあります。

 icon-circle-o 器質的インポテンス

心臓病、糖尿病、高血圧等の生活習慣病、神経系の障害、手術・外傷等による脊髄損傷や、加齢により発症するケースは血管や神経に障害が起こる為ですが、主に動脈硬化による血管障害はその原因の一つです。
加齢によるEDは防げないものの、EDの原因となりうる病気や生活習慣等に注意する事で、中高年になってからもED治療をせずに勃起機能を維持する事が可能です。実際、80歳を超える方でもED治療を行うことは可能ですので、あきらめずに沖縄那覇のおきなわメンズクリニックにご相談下さい。
また喫煙や過度の飲酒もEDを引き起こす原因と考えられています。

 icon-circle-o その他の理由でED治療が必要となるケース

正常な勃起には、神経が重要な役割を担います。神経には脳を含む中枢神経、脳と末梢を繋ぐ脊髄神経、身体全体に拡がる末梢神経がありますが、性的な刺激を受けた脳は、これらの神経を介してその信号を陰茎に送ります。その為、神経が障害を受けると、脳からの信号が陰茎まで伝わらずEDの原因となります。
パーキンソン病や脳出血、脳腫瘍等の自律神経障害を起こす疾患や、前立腺癌や膀胱癌の摘出術、直腸癌の切除術等で陰茎海面体の血管や神経を損なってしまったケース、事故による骨盤骨折や脊椎損傷等の外傷によるケース等があります。
また、服用している薬剤がEDを引き起こす原因となる事もあります。よく知られている薬剤としては、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤等があります。

動脈の広がりが不十分だとEDに

性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みます。これが正常な勃起です。血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起しない、満足な勃起が起こらないという症状をもたらします。

 icon-circle-o 加齢とED治療

誰でも年をとると、やがてEDの症状がでてくるものです。これは加齢によって、血管や神経に様々な障害が起こるためですが、特に動脈硬化による血管障害はその原因の一つです。加齢に伴うEDは避けられないものの、中高年になってからも勃起機能を維持するためには、普段からEDの原因となりうる病気の予防、生活習慣や嗜好性などに注意することが重要です。実際、80歳を超える方でも健康上に問題がなければED治療を行うことは可能ですので、あきらめずに沖縄那覇のおきなわメンズクリニックへご相談下さい。

 icon-exclamation-triangle 注意事項・アフターケア

・詳細は沖縄那覇のおきなわメンズクリニックまでお問い合わせください。EDは Erectile Dysfunctionの英略で、日本では「勃起不全」と言われる身体症状です。
EDの定義としては、通常性交時に75%の確率で十分な勃起が成されず射精に至らない状態を指します。

EDの原因は様々で、加齢による身体機能の衰えや、ストレスなどの精神的要因、疲労、そして、病的要素などが挙げられます。
EDは全世界で人と数多くの男性が悩みを抱えており、特にな男性に多く見られる症状ですがED治療により改善を期待できるようになります。

1998年に世界で初めてED治療薬のバイアグラの販売が始まり、日本では翌年の1999年に認可され、医療機関でのED治療が可能となりました。
内服薬だけで治療が可能となった事で、近年多くの男性がED治療を受けています。

 icon-circle-o 医療機関でのバイアグラ・レビトラ・シアリス処方で症状改善を

ED治療の基本は投薬治療です。
最近はインターネットで海外から手軽に処方薬を手に入れる事が出来ますが、「ネット通販で購入した薬を試したが全く効き目が感じられなかった」と言ったトラブルをよく耳にしますので、専門の医療機関で処方されることを強くお勧めします。

 icon-circle-o 処方まで約20分

ED治療薬には「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があり、それぞれ有効成分も特徴も違うため、医師の診断を受けず自己判断で薬を選んでも、効果は期待出来ないのです。
専門的な医療機関の治療でEDは必ず治ります。
沖縄那覇のおきなわメンズクリニックでは、カウンセリングから患者様の症状を詳しく解析し、専門知識を有したドクターが、患者様お一人お一人に一番適したED治療薬を処方し、服用の注意点も医師やスタッフから詳しく説明を行っていますから、初めてED治療薬を服用される方でも安心して治療を始める事が出来、完治も可能です。
沖縄那覇のおきなわメンズクリニックのED治療はカウンセリングから処方まで約20分と短時間で済むので空き時間を利用しての通院も出来ます。 EDかもしれないと悩む前に、まずはご相談ください。

 icon-ambulance こんな方におすすめです!

・最近、朝立ちの勢いがない方
・パートナーの身体に触れて性的な刺激を覚えても勃起しない方
・忘れかけていた青春をもう一度取り戻したい方

 icon-bullhorn こんな効果があります!

・バイアグラ:5~6時間持続・食事の影響を受けやすい・発売から10年が経過しているので安心感がある。
・レビトラ:4~5時間持続・効果が出るまでの作用時間が早い・食事の影響を受けにくい。
・シアリス:約36時間持続・作用時間は遅いが、持続性がある・食事の影響を受けにくい。

根本からのED治療

現在のED治療はED治療薬の投薬が主流となっておりますが、中には、十分な効果が得られない方、既往歴や現在服用中のお薬の関係で、処方そのものが出来ない方もいらっしゃいます。また、ED治療薬は、勃起力をサポートするものですが、一度使用すれば「EDが治った!」というものでもありません。若いうちのEDであれば、自信を取り戻しながら徐々にED薬の服用を減らしていく事で、EDを解消できる可能性もありますが、基本的には性交渉の際に、毎回服用するものですので、経済的にも負担がかかる部分もあります。ED治療薬を服用せず、根本から改善したい!そんな方へ、おきなわメンズクリニックでは、ED根本治療をおすすめしております。
EDを根本的に改善する為には、食生活や運動、日常生活から見直すことが大切です。スムーズに勃起する為の、体の基盤を整えることが重要です。機能的インポテンス、いわゆる精神的な面から発症している場合にも、患者様の精神的な部分を解決出来る様、生活習慣を含め、男性メンタルカウンセラーがお一人おひとりのお話を伺います。また、微弱の振動で、陰茎部の血管に刺激を与えるという施術による治療もあります。副作用もありませんので、高血圧や糖尿病などから血管や血流に影響が生じたことで起こる、いわゆる血管系のEDでお悩みの方にとっては、特に効果的な治療法であるといえます。血管の新生を促すことでED根本治療に導ける可能性があります。

 comments-oED治療は病院に相談する時代です

ストレスが多い現代でEDによる悩みをもつ方は、日本で1000万人以上にのぼるといわれています。充実した人生やカップルライフを送るためにも性生活は重要です。決して恥ずかしいことではありません。EDは少しの勇気で解決する事ができます。ED治療のことは専門家である沖縄那覇のおきなわメンズクリニックにご相談下さい。

EDになる原因

勃起機能は正常だが精神的要因により性交出来ないものを「機能的インポテンス」といい、陰茎そのものや神経、血管、内分泌等の障害により性交出来ないものを「器質的インポテンス」といいます。どちらもED治療により改善を目指すことが可能です。

 icon-circle-o 機能的インポテンス

不安やストレス、鬱病等の心理的な要因から発症するケースです。
心理的要因から発症するEDは【現実からくる心理的要因】からくるものと、【心の深層にある原因が心理的要因】となりEDを発症するケースの二つに大別出来ます。
現実からくる心理的要因とは、日常の些細な事がストレスとなりそれが原因でEDを起こす場合です。例えば、奥さんとうまくいかない、経済的な悩みやストレス、毎日疲れている、妻からの無視等、自分自身でほぼ原因がわかるものが「現実からくる心理的要因」になります。この場合、カウンセリングや薬の服用のED治療で簡単に治る事があります。
次に、心の深層にある原因が心理的要因とは、幼少期の体験や性的虐待等の「過去の出来事が原因」=「心の深層にある原因」がEDを起こす場合です。この場合、大半は無意識ないし意識下の世界に原因がある為、本人には見当がつかず、原因の解明迄に長期間を要し、ED治療が難しいケースがあります。

 icon-circle-o 器質的インポテンス

心臓病、糖尿病、高血圧等の生活習慣病、神経系の障害、手術・外傷等による脊髄損傷や、加齢により発症するケースは血管や神経に障害が起こる為ですが、主に動脈硬化による血管障害はその原因の一つです。
加齢によるEDは防げないものの、EDの原因となりうる病気や生活習慣等に注意する事で、中高年になってからもED治療をせずに勃起機能を維持する事が可能です。実際、80歳を超える方でもED治療を行うことは可能ですので、あきらめずに沖縄那覇のおきなわメンズクリニックにご相談下さい。
また喫煙や過度の飲酒もEDを引き起こす原因と考えられています。

 icon-circle-o その他の理由でED治療が必要となるケース

正常な勃起には、神経が重要な役割を担います。神経には脳を含む中枢神経、脳と末梢を繋ぐ脊髄神経、身体全体に拡がる末梢神経がありますが、性的な刺激を受けた脳は、これらの神経を介してその信号を陰茎に送ります。その為、神経が障害を受けると、脳からの信号が陰茎まで伝わらずEDの原因となります。
パーキンソン病や脳出血、脳腫瘍等の自律神経障害を起こす疾患や、前立腺癌や膀胱癌の摘出術、直腸癌の切除術等で陰茎海面体の血管や神経を損なってしまったケース、事故による骨盤骨折や脊椎損傷等の外傷によるケース等があります。
また、服用している薬剤がEDを引き起こす原因となる事もあります。よく知られている薬剤としては、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤等があります。

動脈の広がりが不十分だとEDに

性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みます。これが正常な勃起です。血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起しない、満足な勃起が起こらないという症状をもたらします。

 icon-circle-o 加齢とED治療

誰でも年をとると、やがてEDの症状がでてくるものです。これは加齢によって、血管や神経に様々な障害が起こるためですが、特に動脈硬化による血管障害はその原因の一つです。加齢に伴うEDは避けられないものの、中高年になってからも勃起機能を維持するためには、普段からEDの原因となりうる病気の予防、生活習慣や嗜好性などに注意することが重要です。実際、80歳を超える方でも健康上に問題がなければED治療を行うことは可能ですので、あきらめずに沖縄那覇のおきなわメンズクリニックへご相談下さい。

 icon-exclamation-triangle 注意事項・アフターケア

・詳細は沖縄那覇のおきなわメンズクリニックまでお問い合わせください。

ご相談はお気軽に!プライバシーも厳守致します TEL 098-943-1128

PAGETOP